2020年2月20日木曜日

重いゴミを捨てる

今日は息子の担任の先生との個別懇談会でした。
1年に1回あります。

日本ではあんなに苦労して個別懇談の予定表を全職員で何日もかけて作成していたのに、ドイツでは幼稚園だけではなく小学校でも、教室の廊下の壁に貼ってある予定表に、自ら保護者が書くという自己申告制の早い者勝ちスタイル。
ほんっとにこのやり方、いいよねーーー。何回見ても、感心しちゃう。
その予定表作成にかかる時間を、個別の資料作りに回したほうがよっぽど、子供のためになるよーとつくづく思ってしまうから。
自分よ、あんなに大変でブーブー言ってたのに、何で違う方法を考えようとしなかったんだろ???

また、息子の小学校では、参観日もないし、学校行事もほとんどありません。
今、思いつくのは、年に一度の夏祭りまたはクリスマス祭り(これは隔年で)、2年生からのクラス旅行、スポーツ大会(親は行かない)これくらいかな。。。あ、カーニバルという仮装で学校に行く日がもうすぐ来る。(この日は先生方がガッツリ仮装してきて、ほんっとに楽しそうです!)それだけです。

日本の小学校では、毎月、絶対何か学校行事があったから、教師の立場から、その準備に追われて、本当に忙しかったです。でもその忙しさは仕方ない、だって、毎月の行事が保護者との信頼を深める情報公開に絶対に必要!なんですから。。。と思い込んでましたが、今、ドイツの学校でこんなに行事が少なくても、保護者としての立場で何の不自由もないな。。。と思ってしまう自分がいます。
おい自分よ、なんで、あんなに多い学校行事の必要性を疑わなかったんだろう???




ドイツの息子の小学校の様子からでしかないんだけど、日本の小学校の様子とガラリと違うことが多く、その度にカルチャーショックを受ける私です。
教師の立場から、あんなに忙しかったのは?????
忙しい割に、子どもの本当の意味で実になってない感満載!からの虚しさっていうんでしょうか???
今だから言えるけど、教員時代、もっと毎日の授業についての教材研究をしたかったー!




さてさて、
個別懇談が終わって、息子の顔を見に、ランチルームへ。
友達と楽しそうに、給食を食べてましたよ。

給食は毎日AセットとBセットがあって、選べるんだって。
大学の学食みたいな感じで、食べたい側に並んで、自分で受け取って席につくようなスタイル。毎回、どこに座ってもいいそうです。
ちなみに日本では、いつも子供たちが座る場所を教師の私が決めてましたね。
あれも、先生(私)が決める意味あったのかな?
あの当時はね、同じ人と食べたらいけないとか、ひとりになって食べる子がいたらダメだとか、いろいろ考えてた気がする!
子どもたちに任せりゃ、いいやん。
もっと、子どもたちの力、信じていいやんけーー!


いやー、今日は今の自分から過去の自分へのツッコミーブログになってしまいました。「この世界しかない」という思い込みって、やっぱりこわいなー。
もう、全部の思い込み(重いゴミ)を壊して、捨てるーーー!
自分よ、相当軽くなって、また前に進もう、ね。

2020年2月17日月曜日

好きなものにも正直に。

最近、自分が好きなものがすごくはっきりしてきて、やっぱりこれ私、好きだなあって、実感しているものがいくつかある。


その一つが、
「ドリフターズ」のコント。

これは小学生の頃から、毎週夜8時から欠かさず見ていた「8時だよ!全員集合!」はもちろん、「ドリフの大爆笑」もしかり。

いつの頃か、食べ物をコントに使うからよくない。。。とか、
下ネタも多いから、教育上よくない。。。とか色々言われることを聞き、
「ドリフ、大好きです!」と口に出せなくなっていった自分。。。

今となってはいい思い出ですが、小学校の教員時代には、学級便りの自己紹介欄で好きなテレビ番組を「ドリフの大爆笑」と書いたら、翌日連絡帳で、「そんなふざけた先生に、このクラスの学級担任は務まらないと思います。。。。。。後に続く。。。。。。。」と、長いお便りをいただいたものでした。。。

好きなものを好きとそのまま書くと(そのまま言うと)、ダメなんだなっって、私の勝手な解釈で、私の中で「ドリフターズ」は一回封印してしまっていたようです。

しかし、最近YouTubeでお笑い系をよく見るのですが、やっぱりドリフのコント、しつこくて、下ネタも一緒に、私は大好きです。ネタの流れを知っているにも関わらず、毎回笑ってしまう。
背景に使われている歌も、今改めて聞くと、とてもオシャレに聞こえて、それだけでも私のモチベーションがすごく上がるのーーー。笑


好きなものを堂々と思えること・言えること。これ基本だなって思うよー!
だって、これが自分が、感じることなんだもの。
よく、考えると当たり前のことなんだけどね。。。


さて今日は、自分の好き!を一つ、考えてみよう!
こえーなんて言わずに、に出して、言ってみよう!
熱く語れることが、自分の好きなことの1つに繋がってるんじゃないかなー?て思うよー。

2020年2月12日水曜日

歌がすき!

今日は週に一度の歌のサークルの日。
2時間半、ビッチリ歌う、合唱の練習の時間です。
練習の開始は、いつもラジオ体操第一から。さすがです!
その後、発声練習を念入りに。
そして、その後は本命の課題の曲の練習です。
また、選曲と編曲が素敵なんですよー。ほんとに。
お腹つかって、全身で歌うんで、終わった後は爽快感でいっぱいです。
今日も難しかったけど、楽しかった!




思い起こせば、幼少期は親戚の家に遊びに行くと、いつも演歌を熱唱してましたね。
大学時代や教員時代は、カラオケにどれだけ通ったか。。。
点数の出るカラオケでは、杉田かおるの鳥の唄で、自己最高記録98点出しました!(自慢です。)
松田聖子は、もう完璧になり切って、歌い込みましたよ。。。ハハハ笑
教員時代の飲み会でも必ず!カラオケ担当!ってね。
30代になってから、本格的な声楽を習って、趣味でイタリア歌曲を歌えるように練習したりもしました。年に一度の発表会では、ホールのステージで歌ってました。楽しかったーーーー!
小学校では、毎朝、朝の歌を教室で子どもたちと一緒に歌ってました。
歌から始まる1日、私は好きでしたね。
ハイジで働いていた頃は、「歌ハイジ」と名付けて、週に一度、みんなで集まって、楽しく歌いましたねー。たくさんのお客さんと一緒に、これまた発表会に出たりもしたね。


あとね、
NHKののど自慢、あれはハガキの抽選が運よく当たってね、予選に出ることができたのー。それも今となってはいい思い出だわ。テレビに出れる10組でしたっけ? それはね、インパクトが足らず(たぶん)、ダメでした。。。残念!

懐かしいなあ。笑

といいつつ、ここベルリンでも、めぐとりょうちんと一緒に日本のイベントの会場のカラオケ広場で、カラオケやって楽しかった。その時はめぐとフリ付き、ピンクレディのUFOを歌ったよ。





さて話は戻って、
このサークル「和(なごみ)」といいます。
興味のある方、ベルリン在住の女性の方、ぜひ一緒に歌いませんか?
とっても楽しく愉快な方達ばかりです。
しかも音楽センス抜群の方ばかりで、たまに一緒に歌いながら、あまりにハーモニーが美しくて感動して泣けてくる時があるくらい。。。ホントに。
先生も口調がとても優しい癒し系なのに、とても情熱的なご指導をしてくださるので、歌うことですっかり癒されるこの時間が、私は大好きです。
それに「ここ、歌えないからもう一度」とか「もっとここは〇〇に歌った方がいいと思う」とか、みなさん直球意見を言い合えるところもスキ。
私は密かに、「中高年の部活!」と思っています。
みんなで声と心を合わせて最高のものを創ろうとする、こんな情熱的・創造的な時間をいくつになっても、持ち続けたいな。

今回はですね、「歌は、すばらしい!」ということが言いたかったー! 笑
歌の好きな人、最近そういえば歌ってないなという人、ぜひ好きな歌、今日は思いっきり、歌ってみてくださいな。

では、今日も素敵な一日を!
合掌(合唱)🙏 いや、熱唱  🎤🙏




2020年2月5日水曜日

5年ぶりの豆まき!

今日は一日遅れで、豆まきミニ大会。
3歳の時に、日本でじいちゃんと一緒にした豆まきのことを覚えていた息子。
私のオンラインの日本語クラスで、節分の紹介をしたことがきっかけで、
「豆まきやろうよー!お母さん!」と風邪からの完全復活もあって、やけに熱い息子。
うれしいねー、そのお誘い!
よし、それならば!と母、落花生と鬼のお面の準備をしましたとさ。

もちろん、鬼役は私がやるよー!と、かって出た私。
小さい部屋で、大騒ぎの大叫び。笑
もちろん息子も大喜び。
ドイツ人の彼も、初体験の豆まきに戸惑いながらも、最終的にノリノリでした。
よかった。^^

日本の小学校や親戚の家で、何十回とやった豆まき。
楽しかったなー。
みかんを投げたり(転がす感じで)した豆まきもあったのよ。。。
子どもたちって、豆を拾わず、チョコや飴ばっかり拾うんだよ。。。
豆まきって、その家庭や学校ごとに、やり方が違ったり、こだわりがあったりして、それも面白かったです。
あー、懐かしいわ。


さてさて、
「節分」は季節を分けると書くように、その翌日は「立春」。
そう、暦の上では、もう春なんですね。
一緒に、いいスタート切っていきましょ!

最後に、
こういう日本の伝統的な行事をさ、ドイツの子どもたちにもガンガン伝えていきたいよね。彼もそうだけど、違う世界にびっくりしてたから。

そんなことを考えたりした、5年ぶりのドイツ初の国際的豆まきでした。^^