2019年4月29日月曜日

4月オンライン異文化交流お楽しみ会

4月27日土曜日に、初めて!のオンライン異文化交流お楽しみ会を実施しました。

韓国・ドイツ・フランス・日本から、国を超えてオンラインで繋がった子どもたち。
(お父さん・お母さん方も。^^)
たくさんのご参加をありがとうございました。

傾向として、
日本語が上手でも(母語ですから)、恥ずかしくてなかなか話せない日本の子たち。
日本語は多少変でも(ただ今勉強継続中ですから)、物怖じしない海外の子たち。
この差も面白かったですね。

この企画、今後、両方の子どもたちの課題を鍛えながら、よさを伸ばしていける!
そう自分の中で確信しました!

そして、発見もあり。
子どもたちの深層心理の中にメラメラと熱く
・知らない世界をもっと知りたい!
・人と話して、繋がりたい!
があることも。

えー?!!!
そうなのー?!!!
うわー、通じ合えた!!!

こんな小さな発見や感動、そして人と繋がる喜びをこれからも現場から、伝えたいです!
コンセプトは「日本語でつながる・ひろがる!」

次回は5月25日(土)です。
内容は、申し込んでくれた人だけが分かるお・楽・し・み♪♪♪(^^)
次回も楽しみにしています!
世界中の一人でも多くの子どもたちにこの企画が届きますように!


そして、「4月オンライン異文化交流お楽しみ会」に参加されたご家族の方々から、たくさんのご感想をいただきました。大変ありがとうございます。ここで紹介させていただきます。

・とっても楽しかったです!いつもと違う雰囲気で。来月も楽しみにしてます。あと日本から参加の子たちがいたのもよかったです。
・うちの子は緊張してたみたいで、もじもじしてたな笑笑
次は聞きたい事とかあるみたいなので、楽しみにしてまーす!!ありがとうございました。
・うちの子は口下手なので、不器用ですが、何か世界が変わったと思います!!来月にもう話したいことを考えているらしいです。^^
・ウチの子、恥ずかしがっちゃってダメだったけど、先生の進め方や楽しい雰囲気、すっごくよかったです❤️

・こんにちは。先日はどうもありがとうございました。初めてでドキドキしましたが、楽しかったです(^^) 特に長男が一番興味をもって楽しかったと言っておりました(^^) 世界の子供たちと繋がって話せるなんてとても素敵な場ですね! ありがとうございました! また今後も参加させて頂きたいと思います(*^^*) 宜しくお願い致します❤️

2019年4月17日水曜日

遠慮はいらない

 今日はドイツ人の彼のお義父さん、お義母さんと一緒に買い物に行ったり、朝ごはんをご馳走になったりしました。

 3人で過ごすのは初めてなので、少しだけ緊張。。。
 その中の一コマ。
「 何飲みたい?お茶がいいか?コーヒーがいい?」
  「お茶が飲みたいです!」
「朝食は、パン何枚食べる?」
  「3枚で!」

 ここまではよかったんだけど、そのあと、お義母さんお手製の素敵な大量の刺繍のハンカチーフを見せてもらい、とにかく素敵すぎて、圧巻してしまった。
「どれが欲しい?あげるよ。」
「何枚欲しい?」

 こんなに素敵なものをもらうなんて、もったいないってまず思い、
「いいです。いいです。」
と答えると、
「なんで、欲しくないの?いいと思わない?いらないの?。。。」
となり、
「いえいえ、欲しいんですけど、素敵すぎてこんなにたくさんもったいないです。。。」
と言いたかったけど、もったいないってドイツ語でなんていうんだ?
 このまま、変な押し問答を繰り返し、結局15枚もの素敵な刺繍ハンカチーフをもらってきたのでした。
 それは、1月から12月ごとに月のお花が細かく刺繍されているものだったり、他にもイースター版やハロウィン版もあったりで、ほんっとにほんっとに素敵なのです。

 こんなに大事なものを惜しげも無く、大量に私にプレゼントしてくれて、あなたが喜んでくれたらそれが嬉しいと言ってくれたお義母さん。
 まだまだ、そういう相手のピュアな気持ちを信じきれず、逃げる(遠慮してしまう)自分がいる。こんなに大事なものを大事に受け取るという責任を持ちたくないと言うか。。。。。

「遠慮」が文化の日本と違って、こちらははっきり「いる」「いらない」と言わないと、相手が混乱するだけ。
 こちらはそもそもあげたくなかったり、一緒に同じ時間を過ごしたくなかったら、最初から、「あげるよ」って言ったり、誘ったりしない文化。
 日本でよく「愛想」ってことがあるんだからって、人の言葉をそのまま信じるなって親に教わり(酷い!泣・鵜呑みにする私バカ!)、人が言っている言葉をそのまま素直に受け取らなくなっていった。
 私の中での「愛想」という言葉は、本当はそう思っていなくても、相手を喜ばせるため、もてなすための嘘という意味。

 こりゃダメだ。自分がそうだから、当然相手も愛想という嘘を言ってると思い、真意の反対を取り、その上での返事を返そうとするから、ややこしいったら、ありゃしない。
 これじゃ、ややこしやーのうらめしやーだわ。

 こういう一人劇場、もうやめようっと!
 「遠慮はいらない」この歌で今日は締めまーす!






2019年4月15日月曜日

本気で人と関わるために、自分を出す

 この週末のベルリンはとっても寒かったです。
 しかし、今日は春を感じる眩しい朝。
 太陽がうれしいです!


 さて、最近仲間と話していて、気がついたこと。
 今まで、自分の考えや思いを前面(全面)に出すと人に嫌われる!という思い込みが強くて、ためらっていましたが、自分にも嫌いなタイプの人が当然いることがわかり、そういう人には嫌われてもいいとやっと思えるようになりました。
 嫌いなタイプ(人の話を理解しようとしない。もらうだけもらいたい。人が純粋に自分のためにしてくれたこととかその思いとか素直に見れない。自分は絶対悪くないので常に被害妄想。上から目線。威圧的。結局めんどくさくて、だらしないだけ)の人には嫌われた方が逆にいいわ!そしてマジで、こうならないように、自分も気をつける!
 昔からの私の考え方で、出会う人・関わる人全員に好かれたい、もしくは好かれなければならないと思っていたけど、そんなの、そもそも自然に反しているよね。私の場合、自分が嫌いな人には、それがバレないように一層激しく気を使って、思ってもみないことを言って、考えなしで相手に合わせたり、機嫌取りみたいなことをやったりして、ほんとうに自分がバカみたい。いいえ、バカですね。
 そういうことを知らず知らずに繰り返していくと、ほんとうに自分が嫌になるし、人と関わること自体が嫌になる。

 「日本語教師」という言葉を扱う仕事をしている者として、もっと言葉に「尊厳」を持って、本気で人と関わるために、その言葉を使っていきたいと思いました。

 もうワケもなく勝手に相手にビクビクして、一人で勝手に疲労するのは散々です。

 私にはもっと深く関わりたいと思う、大切な家族やパートナー・仲間・友達、生徒がいる。「自分」を出して嫌われるという無意味な心配より、もっと自分の大切な人たちともっと深く理解しあうために、自分を出そう!本気で関わることを考えよう!
 自分を出せるのは、自分だけ。
 立ち位置が変わると、見える景色が変わる。
 だから、自分が見たい景色は自分で変える。
 そう決意した、春のはじまりの月曜日。

2019年3月19日火曜日

ドイツと日本の小学校の違いに

今日は息子の小学校のちょっとしたお出かけ遠足の日。
面白いたくさんの遊具と鹿やヤギたち・鳥小屋やカモが優雅に泳いでいる池のある大きな公園へ。

私もボランティアで一緒に行けることになって、週末からるんるん気分!
今日は、その中で感じた小さな感動たちを忘れたくないので、まとめてみることに。

1、先生が公園の近くのカフェで買ってきたコーヒーなどの飲み物を飲む!
 〜日本だったら、先生ばっかりずるい!となるし、当然ダメなことだと思っていたから、なんか普通にビックリ。。。

2、1年生全員参加の遠足だが、約束を守らなかった子どもは学校で留守番。そういうペナルティもきちんとあるようです。
 〜これも日本じゃ、考えられないでしょ!子どもたちにとっては普通のことのよう。

3、事前のしてはいけない約束についての教師の長い話がない。流れの中で、問題が起こるとその場で、教師が指導していた。
 〜日本の場合、間違えてはいけないという前提で全てが用意されている感が強いと感じた。これは私の感じ方だけど。

4、1年生なのに、子どもの方から「ぼくのこと、手伝うことできる?」と言ってくる。
 〜これには、新鮮なビックリ感。そういう子っていたかな?って思わず考えた。私の場合、できない子を探して自分(教師側)から、手伝ってあげてた。。。間違ってたー、自分。受け身の子しか、育たないよね。

5、木に集まっていた虫を見つけた息子たち。喜んで触って、いじろうとするとすぐに担任の先生がとんできた。「虫はあなたたちのおもちゃじゃないよ。そのまま、木に帰してあげて」と。
 〜なるほどな。。。ホントにそうだと感動した。日本では虫をいじって遊ぶ子たちを見ても、何も思わなかった自分。。。(悲)

6、子どもたちの元気がよすぎる!!!
  遊具の乗り方とか、勢いよすぎて半端ない!小さな場所でもサッカーしてた。
  運動能力がずっと高そう!
 〜日本だったら、危険!危ない!怪我する!で、気をつけて!ダメ!という教師の声がたくさん聞こえてそう。でも誰も止める先生なし。結果、一人も怪我をする子なし。

7、移動するとき、整然と並んで歩くことにこだわらない。
 人数確認をするとき、手を繋いで並んでいたけど、それ以外は、きちんと並んで歩くことにこだわりなし。これが自然な姿なの?
 〜日本って、自然に軍隊的なことやってるとこ、あるよね。。。と今だからこそ、不自然が分かる。。。


以上現場から、たくさん考えることができた1日でした。
(日本についての内容は、当時のことなので、今はもう違う状況かもしれません。) 

2019年3月16日土曜日

日本語でつながる・広げる

小・中学生と"超ガリ勉さん"だった私。
そのおかげで、中学校ではいつも学年1番の成績をキープしてました。
このことを自分ではあまりすごいことだと思っていなくて、この前仲間に何気なく話したら、すごいね!!!!!ってなりまして、あーそっか、すごいことなんだと思った次第です。なので、ブログに書いちゃおう!

それで、英語も当時からかなり勉強しました。
英検は3級ですけど、持ってます。
試験ではいつも好成績でした。
しかし、私、英語でコミュニケーション取れないんです。。。。。
全く話せないのです。もちろん、聞き取れないし。。。
そう、私が頑張ってきたのは、試験でよい成績を取るための勉強だったのですね。

そこで考えました。
そもそも、言語って、何のために学習するのか?
皆さんはどう考えますか?

私はやっぱり、試験のためではなく、人とつながるためだと思うんです。
本来「ことば」は、人と人が、思いや気持ち・考えを伝え合うために、理解し合えうために使うものではないかと。

だからこそ、私が今、日本語を教える立場になって、「ことば」本来の役割や、その先の子どもたちのゴールをいつも見据えていたいと思いました。

日本語で世界を広げる!
日本語で人とつながる!

そのための第1歩。
4月から新しく、オンライン異文化交流お楽しみ会を計画しました。
世界中の子どもたちの参加を楽しみにしてます!




2019年3月5日火曜日

ドイツの小学校編*今日はカーニバル!

今日は息子の小学校で、「カーニバル」という名の仮装の日。
それぞれが思い思いのコスチュームで登校してました。

猫ちゃんや、ハリーポッターくんとか、亀さんとか、中国の子は中国の民族衣装を着てたりとか、ガイコツくんとか、先生も気合いが入っていて、みんなとっても楽しそう。
女の子はしっかりメイクもしてました。
息子は今年は、忍者になりました。
一応、刀(もちろんおもちゃの)も勧めてみましたが、却下されました。

今日は、勉強なし!で、1日中、工作したり、絵を描いたり、遊んだり、歌を歌ったり、みんなで持ち寄ったお菓子やフルーツを食べたりして、楽しむそうです。
いいなあ。。。。。
教室もガラッと変わった飾り付けになっていて、楽しさ倍増!
私もまぎれてずっとそこにいたかったです!

私だったら、どんなコスチューム着ようかな?
バカ殿? 日本の鬼とか? 笑
来年は送迎時に私も着て、行っちゃおうか???
こういうことを真剣に考えるのも、楽しいことです!
息子からどんな話が聞けるか、これも楽しみ!





2019年2月21日木曜日

新型メガネ!?

私は、小学校2年生の時に、一気に目が悪くなってから、ずっとメガネ生活です。
通常はコンタクトレンズを使っています。

コンタクトレンズは視界も自然だし、普段は問題ないんですけど、最近歳のせいか、目が乾燥して痛くなることもあるから、メガネの時間を増やそうと思っています。

ですが、私のメガネは、かなり度が強い(超ド近眼です。メガネを無意識に置くと、自力で探せない。。。くらい)ので、どうしてもメガネが重くなってしまうんですよね。
ずっとかけていると、耳の上が痛がゆくなるときもあって、やっぱり何でも一長一短だなあ、なんて思っていたら、

な、なんと、この前バスの中で、目を疑う新型メガネをしている人を見つけちゃったのです!!!



わかりますか? 2番目の写真。(絵心なくて、ごめんなさい。)
通常の耳の脇のフレーム二本が、新型メガネでは、中央のフレーム一本になっていて、
顔から後頭部にかけて、フィットするようになっているという仕組み。

新しいことを考えて、形にするってすごいなあ。
今日は「すごいメガネ見たんだよ!」っていうお話でした。